Skynet代表取締役 冨山智広がトレードシステムの在り方をご紹介。

社長

自動売買のプログラムは、常に新しいものが導入されるなど、最新のものでなければなかなか多くの人に利用されない形になっています。新しいものを取り入れ、それでいてより稼げるものを作る、システムトレードを構築していくのはなかなか大変です。その中で10年以上システムトレードの開発を行ってきたのが冨山智広さんです。自動売買のプログラムを取り入れることが果たしてどんな影響を与え、初心者にとってどれだけプラスに働くのか、探っていきます。

感情のブレが利益に影響を与える

自動売買のプログラムを利用する際に、大事になってくるのは感情のブレです。自動売買のいいところは、自動売買のプログラムを利用することで利用する側の感情に関係なく、事前に定めたルールの中で取引が行える点にあります。FXには裁量取引というものがありますが、これだと自分自身で決められるため、自由度は高いですが、自分自身の力量をかなり問われることになるため、なかなか難しいものがあります。その点、自動売買のプログラムを利用するのであればその心配はありません。
感情のブレがなぜ問題になるのか、それは損する場合も得する場合も感情に乱れが生じやすいからです。もし、損をしてしまえば絶対に取り返さなければならないとか、自分は何て取り返しのつかないことをしてしまったのかと後悔しがちです。もちろん後悔することは大事ですが、いつまでも引きずっていれば判断を見誤ります。これが得した場合も大して変わりません。もっと増えるんじゃないかとついつい引っ張ってしまって、結果的に判断を間違うことも多々あります。自動売買のプログラムにすべてをゆだねれば、事前に決めたルールの中で取引を行ってくれるので、感情が乱れることなくバンバン判断ができます。

自動売買のプログラムは基本的に有能

自動売買のプログラムは、基本的に有名なトレーダーによって開発されたものがほとんどで、初心者であっても有名なトレーダーが使っているものを活用できます。冨山智広さんが開発したものもすぐに使えるので、初心者ながら自動売買のプログラムを使えば簡単に稼ぐことができます。自分の知識で勝つのを目指すとすれば、毎日10時間パソコンに向かっていたとしても3年はかかります。トレードに専念できれば苦労はありませんが、基本的に本業と一緒にやっている人が多いので、FXで稼げるようになるのにかなりの時間がかかるものです。
しかしながら、自動売買のプログラムを活用すれば上級者レベルのトレードが簡単に行えるようになります。自動売買のプログラムはそれだけ優秀であり、冨山智広さんも一生懸命作るのがわかります。上級者の考え方を初心者が理解することなんて到底難しいですが、自動売買のプログラムを活用すれば、冨山智広さんの考え方などを取り入れてシステムトレードが行えるわけです。

それでも知識が必要になってくる

自動売買のプログラムを作っている冨山智広さんからすると、なるべく知識やプライドを排して、すべてを自動売買のプログラムに委ねてほしいという気持ちはあるかもしれませんし、実際に下手な知識をつけることが利益を出しにくくするという趣旨の発言を行っています。同時に、儲けるには努力が必要であるとも語っています。この理由として、自動売買のプログラムはたくさんあり、その中でより良いものを見つける必要があり、それを初心者の段階で発見するのは大変です。これをどうするか、この部分が儲けられるか儲けられないかを左右します。
冨山智広さんは昔はパチプロとして攻略法を作り上げて、実際に紹介もしています。しかし、結局知識やプライドが邪魔をしてお金儲けに失敗した人が数多くいることを知っており、できるだけその手の感情などが入らないように考えています。結局のところ、FXで儲けるにはある程度自分でも知識を入れないと、見極めができなくなります。全くの素人の状態ですべてをこなすのではなく、ある程度情報はいれながらも、自分自身がすべて正しいと思わない姿勢が大事なようです。

まとめ

冨山智広さんは自動売買のプログラムを作って10年以上になりますが、その収支がどのようになっているのか、その額面は全く出てきません。守秘義務にかかわってくる可能性もありますが、しっかりとした自動売買のプログラムを作り上げられるのですから立派の一言です。今後よりよい自動売買のプログラムを生み出せるのかどうか、冨山智広さんの挑戦はまだまだ始まったばかりです。

コメント